ワーク・中二病・バランス

 むかーしむかし、というほど昔ではないけれど、じゃあいつなのかと具体的に聞かれると口ごもるくらいの昔、少年あめあられは、会社員になって灰色のオフィスで働くなんていう灰色の人生は絶対に送りたくない!と思っていました。実際には思っていただけではなく、周りの人間にも同じことを言っていて、たぶん同級生には相当痛いやつだと思われていただろうし、ましてや大人にどう思われていたかなんて考えたくもありません。今のおれからすると、そう言い切れる昔のおれが羨ましくもあり、恥ずかしくもあり。ただ、今のおれは、昔のおれが馬鹿にしていた会社員を目指していて、よっぽど会社選びを間違えなければ、会社員になってそれなりに幸せな人生が送れるのだろう、とすら思っています。まあ今年は就活失敗したんですけど。来年は頑張りましょう。果たして本当に頑張れるのでしょうか?

 話は戻ります。じゃあ少年あめあられは一体全体将来何になりたかったのだろう、とふと思いました。大学の研究室で論文を読むふりをしてずっと考えました。ところが、これがまったく思い出せないのです。昔のおれは、灰色の人生を拒んでいたからには、きっと何かなりたいものがあったに違いありません。なんだったのかなあ。眩しい。

 こんなつもりじゃなかったのになあ、という思いは絶えないけれど、もう止まれないみたいで、これから、なんとなく就職して、なんとなく終わっていくんだと思います。それが嫌なわけではないし、むしろ望んでいることでもあるはずなのに、すこしだけ悲しくなるのです。中二病を完治させないとだめなんでしょうね。でも、まだ中二病にすがっていたいと思うおれがいるのも事実です。中二病、完治させなきゃだめでしょうか?これからも、うまく付き合っていくことはできないでしょうか?なんといったって、中学の頃からの腐れ縁なので。やさしくしてくれ、中二病にも、おれにも。

このブログは日記というタイトルなのだから

 もっと日記を書いていこうと思ったのです。もちろんこんな試みは今までに何度も行われていて、三日とは言わずとも坊主をすぐにやめてしまっています。どのような文体で書くかというのは大変にむずかしい問題で、格好のいい文章を書こうとすると、文豪のまち文京区に住んでいるということも相まって、それなりに気持ちよく書くことができますが、それと同時に自分の語彙の貧弱さであったり、表現の浅ましさに苦しむことになります。かといって、今回のように砕けた文章を書こうとすると、ただただ頭の悪いことを露呈しているような気持ちになって、なんとなくばつの悪い思いをします。今、「ばつの悪い」の使い方が合っているかどうかを調べたけれど、それすらもよくわかりませんでした。こんな状況では格好のいい文章を書ける日など何年経っても訪れないでしょう。もっとたくさん本を読むといいかもしれない。

 じつは、読みたい本自体はたくさんあって、都内のあちこちのブックオフに行っては漫画を買うついでに百円の文庫本を買ったり買わなかったりしています。ほとんどが積んだままになっていて、部屋の方方に投げ捨てられています。本棚が小さいので、本たちは本棚の肥やしにすらなれません。これは悲しいことです。ブックオフに通っていることからもわかる通り、おれはたぶん、真の本好きではないのです。高校生のときに月並みに村上春樹にハマってみたり、最近ではアニメがきっかけで森見登美彦の本を集めてみたりしたけれど、活字を読んでいないと耐えられないというわけではないし、最初の一頁目をめくる指が重いし、他の趣味が忙しければ読書のことなんてすっかり忘れてしまうし。でも、それでもおれは、本好きを装うために、思い出したときにはそれらしい本を読んで、文学のことがわからないなりの感想を雑に吐き出してみたりしようと思うのです。

 でも、今はちょっと読書をやめています。なぜなら、将太の寿司(期間限定無料配信)を読むのに忙しいから……。

今年観たもの聴いたもの読んだもの

この記事は Otaku Advent Calendar 2017 の4日目の記事です(あんまり埋まってないケド……)。

今年観たもの聴いたもの読んだものの中からオススメを紹介していきます。

去年との大きな違いは、今年の初めに坂道シリーズ(乃木坂46欅坂46)に手を出してしまったことで、あれこれと様々な方向から私に影響を与えました。

観たもの

映画

帝一の國(2017)

以前に少しブログで書いたような記憶もあります。もしかしたら書いてないかもしれません。
最上級のエンタメを2時間見せつけられる。何もかもが良い。

好きになるその瞬間を。告白実行委員会~(2016)

劇場版・告白実行委員会第2弾。第1弾よりもストーリーも曲も好みです。
あまり期待していなかったのにかなり良かった。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017)

ラストシーンが圧巻。めちゃくちゃ好みなタイプの作品。
水原希子のことはそこまで好きではなかったけどこの作品では可愛く見えました。

ハイスクール・ミュージカル(2006)

元々はディズニー・チャンネルで放映されていた作品です。
王道青春物語とミュージカルが好きな人なら間違いない。曲が良い。

アニメ

……は今年あまり観ませんでした。でも観た作品はほぼほぼ面白かった。
プリンセス・プリンシパル四畳半神話大系が特に良かったです。

その他

オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです!(中京テレビ)

Huluで配信されています。オードリーのオールナイトニッポンからオードリーに興味を持ち少しずつ視聴を進めていますが、とにかく面白い。ゴールデンのオードリーの何倍も面白いです。

聴いたもの

ラジオ

オードリーのオールナイトニッポン

少し上でも触れましたが、今年から深夜ラジオを聴き始めました。
深夜ラジオの中では1,2を争うレベルで好き。若林が途轍もなく面白い。

アルコ&ピース(D.C.GARAGE, 沈黙の金曜日)

ラジオを聴き始める前は名前すら知らなかったのですが、今では完全にファンになってしまいました。
全編コントのような掛け合いが面白い。沈黙の金曜日では乃木坂46中田花奈と、現役アイドル相手とは思えない会話が繰り広げられています。

音楽

米津玄師

アルバムは去年あたりに音源を揃えていたのですが、ちゃんと聴いたのは今年だと思います。
天才という一言では片付けられない。もはや人間ではない。

若者のすべて(フジファブリック)

ある小説の中に登場して興味を持ち、今年の夏は何回も何回も聴きました。どうしようもなく好きな曲です。

サマータイムレコード(じん)

今年夏に開催されたアニクラに向けて選曲をしている最中に改めて聴き直し、ドハマリしてしまいました。
歌詞も曲もすべてがいい。やはりじんは天才です。

読んだもの

笑いのカイブツ(ツチヤタカユキ/文藝春秋)

ハガキ職人の青春私小説。自分のやりたいことに狂ったように没頭する姿にはやはり惹かれます。

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込み(若林正恭/角川文庫)

オードリー若林のエッセイ集。ブレイク当時から現在へ向かって若林の内面が描かれています。
初めは共感できるところが多いのですが、芸能界に慣れていくにつれどんどん丸くなっていく若林を見て不安になるも、芯はブレずにひねくれていることがわかり安堵する、そんな作品でした。

少年たちは花火を横から見たかった(岩井俊二/KADOKAWA)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のドラマ版の脚本をリメイクして書かれた小説。
『打ち上げ花火~』の映画、小説、ドラマすべてに目を通しましたが、この小説が一番良かった。

太陽の塔(森見登美彦/新潮文庫)

今年は映画『夜は短し歩けよ乙女』のおかげで森見登美彦作品に出会い、いくつか読んだのですが悩んだ末に1つだけここで紹介することにしました。
腐れ大学生ぶりが存分に出ている作品が好きで、そうなるとやはりこの作品かなと思います。
タイプは違いますが『宵山万華鏡』もかなり好きでそっちにするか悩みました。



以上になります。
来年はもっと色々なものに触れていけるといいですね。
もう少し生産的な活動もしていきたいものですが……。

呼び捨て

幼稚園から小学六年生まで八年間剣道をやっていた。

兄がやっていたという理由だけでなんとなく始めたものであったが、夏はサウナのように暑く冬は道場の床が氷のように冷たく、防具のせいで好きなタイミングでの水分補給もできず、飽き性というのも相まってすぐにやめたくなった。

しかし、親は一度始めたものはやめるべきではないという教育方針であったので、稽古や練習試合、大会のためにおおよそ週四日をやりたくもない剣道に捧げていた。

道場に通っていて楽しかったことを思い返そうとしても、バーベキュー、忘年会、稽古初めの餅つきやぜんざいのふるまい、と食べ物のことしか思い出せない。

いくらか友人はできたが、今でも付き合いのある人間は一人もいない。

 

まだ歳が近い道場生があまりいなかった頃、一つ歳上の男子三人組が道場にやってきた。その中の一人をカミカワ君といった。

小学生だったということもあり、私達はすぐに仲良くなった。

ミカワ君はみんなから「カミカワ」と呼ばれていた。私も周囲に倣ってカミカワ君のことを「カミカワ」と呼んでいた。

ところがある日、親と兄がいる前でカミカワ君のことを「カミカワ」と呼ぶと、猛烈に怒られた。

歳上には敬意を払うべきであり、道場で一番歳下のお前が他の人を呼び捨てにするのはおかしい、という指摘であったように思う。

当時はカミカワ君に敬意を払ったとか払っていないとか、そんなことは全く考えていなかった。ただ、親しみを込めて周囲が使っていた呼び方を真似ただけだった。

道場生の一人で一つ歳上のリカちゃんのことをみんなが「リカちゃん」と呼んでいて、それに倣っていたのと同じように「カミカワ」と呼んでいただけのつもりだった。

 

今現在、周囲に浪人や留年を複数経験している人間の方が多く数歳程度の差を気にせず互いを呼び捨てし合っている状況に身を置いていることを考えると、あのときの指摘は正しかったのかとふと考えてしまうことがある。