言い訳など

今年は日記を書くと意気込んでいたのにさっぱり更新していなくてごめんなさい。これにはいくつか理由があるんですけど、やっぱり働きながら納得のいく文章を生み出すのは難しいというところに尽きます。出涸らしのような文章を書いてもしょうがないという気持ちが拭えない。これは他者からどう見えるかではなく、おれが納得できるかに重点が置かれています。おれが出涸らしだと判断したものを世に出すのは難しい。今あなたが読んでいるこの文章を、あなたが出涸らしだと判断する分には反論するつもりはありません。

それはさておき、突然ではありますが、このブログの大半の記事(~2018年くらいのもの)を非公開にし、ツイッターでも20万件ほどツイート削除を行いました。

おれは過去の自分のいかなる痛い行いも許してあげたいと思っています。つまらない診断メーカーを真に受けて一喜一憂するもよし、つまらないバトンにつまらない回答をしていてもよし、つまらないネットミームで盛り上がっていてもよし、全て若さゆえ……という気持ちでいたのですが、どうも昔のおれと今のおれでは根底にある倫理観がまるで違うようなのです。今のおれでは到底許すことのできない倫理をなんの悪気もなく振りかざしていたりする。それが例えば特定のワードで抽出できて、対象のブログ記事やツイートを一括でインターネットから削除できるならそうするべきだったと思います。しかしそんなことは不可能で、ひとつひとつ過去の自分の言動を検分するコストを考えると一括で削除/非公開を取るしかないという考えに至ったわけです。過去の自分を愛したいという気持ちとデジタルタトゥー的炎上のリスクを天秤にかけると後者を取らざるを得ませんでした。痛さは愛せるけれど倫理観の乖離は愛せない。

2019年頃は今のおれと地続きにある……というより当時の文章を読んでいて思考回路が理解できる時期であるので、以降のものは残しました。今後はできる限りブログ記事やツイートを残していきたいと考えています。やっぱり昔のしょうもないツイートに突然通知がついて笑ったりしたいじゃないですか。もちろん恥ずかしくもあるけれど。

入院の思い出/今度こそ部屋を片付けます

今日ブログを書こうと思っていたのを完全に失念していて、今お酒を飲んでいます。支離滅裂な内容であったらすみません。酩酊している自覚はありませんが、本当に酩酊しているときほど自分がどれくらい酔っているかわからなくなるものです。

入院の思い出

隠していたわけではないけれど積極的に公開していたわけではない、くらいの情報なんですけれど、去年の夏頃、デルタ株が大流行していた時期に新型コロナウイルスに罹りました。もう記憶も薄れてきているし詳細な話をするつもりがありませんが、おれはコロナに罹患したことがVTuberにハマったきっかけの一つであると思っているんですよね。保健所の対応が決定するまでの数日の自宅療養の間、処方された薬も尽き頭痛が酷くて眠れないとき、最初はYouTubeで麻雀の動画をちょこちょこ観ていました。けれど麻雀ってなかなか頭を使うじゃないですか。頭痛がひどいときに頭を使う作業がしんどいという至極当たり前のことに気付いてから、当時はまだそれほどハマっていなかったぽんぽこちゃんねるをひたすら垂れ流していたのです。ぽんぽことピーナッツくんの軽快なやり取りがいくらか気分を明るくしてくれたことは間違いのない事実だと思っています。
そうしてぽんぽこちゃんねるとともに自宅療養を乗り越え、最終的に保健所の提案で入院をすることになりました。入院してすぐはコロナの症状か薬の副作用か、食べては戻し食べては戻し……といったなかなか大変な毎日でしたが、一週間ほどで体調は良好に。ところで突然ですが、去年の夏、VTuber界隈では何が流行っていましたか?そう、『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』通称オラ夏です。おれは快復したあと何をしていたかというと、ジョー・力一のオラ夏実況を延々と観ていました。当時は早く退院させてくれよという思いでいっぱいでしたが、記憶というものは都合のいいもので、仕事もせずにオラ夏実況を観てしんのすけの夏休みを追体験していたあの時間は、今となっては甘美なひとときであったように感じます。病院のベッドの上でオラ夏実況を観ていた日々は、いつの間にか、夏という言葉から連想される数多の記憶の一つに加わっていたようです。

 

今度こそ部屋を片付けます

今度こそ部屋を片付けます。おれは、ここ数ヶ月ずっと、今月は部屋を片付けますという類のツイートをしているようです。しかし今は、(まだ買っていない)Oculus Quest 2とギターを満足に触れるスペースを部屋の中に生み出したいという明確な目標があるのできっと頑張れるはずです。頑張ってほしい、おれ。

 


今の部屋がこれなんですけど本当に閲覧注意なので気をつけてくださいね。見たあとに文句を言わないでください。閲覧注意って言いましたよね?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lkv/20220123/20220123220147.jpg

小目標/にじバラ

小目標

年明けくらいからなんとなく仕事が忙しくなってきていて一刻も早くやめたいと願うばかりです。しかし、忙しいというと少し語弊があるかもしれませんね。時間拘束でいうと一般的な社会人と同程度だし今のところ休日出勤もしていません(ほのめかしの圧は受けています)。なんというか、単にストレスが増えたことが忙しくなったと感じている要因なのかもしれないです。それほど楽しいとも感じない手段を講じて、それほど興味のない人間たちと、完成したところで誇りたくなるわけでもない成果物を作っているという行為の無意味さにどうも耐えられないという実感が日に日に強くなっております。もちろん、そういった行為のおかげで人間社会は形成されているのだし、そういう職業の方々を馬鹿にしているわけではありません。ただおれはどうも耐えられそうにない。誰か助けてください(じゃあ何がしたいのかと問われると、何がしたいのかもよくわからないんですが……)。

なんだかネガティヴなことばかり書いてしまってすみません、本当はもっとハッピーブログとしてやっていきたいという思いはあるのですが……。冬だし、年末年始のなんとなく浮かれた気分も終わったし、オミクロンも流行ってるみたいだし、週末になにか予定を入れているわけでもないし、様々な事柄が重なって今、生きる上での小目標みたいなものがちょうど途切れてしまったのです。○○までは頑張って生きよう、みたいなものが。そうなると日々の暮らしにも張り合いが出ないというものです。少し前まではここまで日常的に落ち込むことはなかったと思うのですがやっぱり冬はだめみたいです。

 

にじバラ

www.youtube.com

にじさんじのB級バラエティ(仮)、通称にじバラを全部観ました。観始める前は早瀬走もイブラヒムも名前くらいしか知らなかったし、喋る姿を初めて見るライバーもそこそこいましたがそれはもう楽しめました。早瀬走がちょうど復帰するときに最新回に追いついたのもタイミングが良かったです。パロディ元は観ていなかったんですが、やっぱりおれは地上波のフォーマットに則ったエンタメが好きなんだろうなと思います。おれはYouTuberの動画を日常的に観るようになったのが結構遅くて、それまではYouTubeを開いてもMVくらいしか再生をしていなかったんですよね。それもあって未だにYouTuber的なノリに迎合しきれていない部分があるのかもしれません。昔に比べるとだいぶ改善した自覚はありますが。

 

週2回くらいを目処に更新……と言いましたがいきなり先週は1回しか更新せずにすみません。今週はがんばります、がんばりすぎない程度に。

案外書くことがない/タコピーの原罪

案外書くことがない

どうもこんばんはあめあられです。ブログタイトルから「あめあられ」という文字列を消去したので、一応最初に名乗るようにしていますが、まどろこっしいので近々やめるかもしれません。

ブログをちゃんと書くと宣言していきなりこんな弱気なタイトルの記事を投稿してしまい申し訳なく思ったり、思わなかったりしています。前はどんな日記を書いていたんだっけな……と思い、軽く見返してみたところ「昼頃起きて、グラブルをやって、本を読んで、寝る」というような毎日がだらだら綴られています。今は起きる時間が少し早くなって、グラブルが仕事に置き換わっただけなのにどうしてこんなにも書きたいことが思い浮かばないのでしょうか。
おれはそれほど仕事に熱心な方ではないし、勤務時間中も仕事のことばかり考えているわけではないけれど、働いていなかった当時に比べると思考から余白が取り除かれてしまったような感覚があります。逆に言うと、当時はしょうもないことをやたらと考えていたし、それを文章にしようという気概があったわけです。何の役にも立たないことに注がれていたエネルギーが仕事に向けられているというのは一般的には良いことなのかもしれません。でもおれはたぶん同年代より精神年齢が低いので、それを手放しに喜ぶのはなかなか難しいです。

 

タコピーの原罪

shonenjumpplus.com

話題沸騰中の「タコピーの原罪」。みなさん読んでいるでしょうか。内容は今更語るところではありませんが、センシティブなモチーフを扱っているじゃないですか。読む人が読めばトラウマを思い起こすレベルの。おれにはそういった過去はないし、楽しく読んでいるんですが、ツイッターを眺めていると「可哀想で読めない……」みたいな感想がちらほら流れてくるわけです。それを見るたびに「タコピーを楽しんで読める人間は他人の心が理解できない倫理感のない悪人だよね~ッ!!!!!」と言われているような気持ちになってひとり落ち込んでいます(もちろん完全に被害妄想なんですけど……)。

 

 

宣伝

soundcloud.com

鏡音リン・レン Happy 14th Birthday 楽曲リミックスコンテストという公式主催のリミックスコンテストに参加しています。じーざすPのリモコンをリミックスしました。良かったら聴いてみてくださいね。

今年はブログをいっぱい書きます/おやすみプンプンを読みました

どうもこんばんは。あめあられです。雪が積もっている道はサンダルで歩かない方がいいです。

 

今年はブログをいっぱい書きます

一昨年の末から去年の初めにかけて、このブログに毎日ペースで日記を投稿していたのをみなさんは覚えているでしょうか。もう何を書いたかまるで覚えていませんが、おれのささやかな日常がつらつらと書き記されていたものだったかと思います。今年の抱負についてぼんやり考えていた年末年始、ふと思いました。またああいった日記のようなものを書こうと。しかし、あれはおれが無職のような身分にあって、今では信じられないほどの時間的余裕があったから達成できたことであって、今のおれが毎日投稿など続くわけがありません。そこで、週2回くらいを目安に日記のような何かを書き連ねていければと思うわけです。有象無象のオタクの自分語りなんて誰が読むのかという疑問の声が聞こえてきたり聞こえてこなかったりしますが、どうせこのブログを読んでいるあなたはおれのちょっとしたファンであるか、過激なアンチであるかのどちらかでしょう。どちらでもなかったらすみません、これからファンになってくださいね。それでは、ファンの方は更新が途切れないかどうかしっかりチェックしていただけるとこちらとしてもモチベーションに繋がりますのでよろしくお願いいたします。

 

おやすみプンプンを読みました

ebookjapan.yahoo.co.jp

今更ですが本棚の肥やしになっていたおやすみプンプンを読みました。なかなか面白かった。顔が良い男の話じゃねーか!という思いはなくはないですが……。浅野いにおを網羅的に読んでいるわけではないけれど、意味のある描写と意味のない描写が混在している作品が多いじゃないですか(意味のあるというよりは何かしらの作者の意図がある、という方が的確かもしれません)。思わせぶりな描写に深読みさせられるのも癪だけど簡単なメタファーにすら気付いてないと他読者に馬鹿にされるんじゃないか……みたいなことを考えてしまうので、こういう作品はあまり得意ではないです。フィクションなんて所詮エンタメで自分が楽しむために摂取するものであって第三者の存在なんて気にする必要はない、ということはわかりつつも意識的に無視するのもなかなか難しいものです。他人から言われた日にはそんなの全人類わかってんだから正論言うな!!!!!と怒りたくもなります。

それはさておき、この話は何度かしたことがあるかもしれませんが、浅野いにおに限らずこの手の青年の恋愛が絡むフィクションを、恋愛経験の乏しい……いや見栄を張った言い方はやめます、恋愛経験のない人間が読んだところで、どれほどの理解ができているのでしょうか。恋愛経験が人並みにある方々と同じ受け取り方ができているのでしょうか。「花束みたいな恋をした」を観たときも「麦と絹のすれ違い方がリアル~~~!」なんて思っちゃったりしたんですけど、よく考えたらリアルかどうかすらよくわかんないんですよね。逆におれみたいな人間には、童貞が主人公のフィクションに人一倍感情移入できるという特典があるのかもしません。……あるのか?

ところで、この文章を書くにあたって本棚から浅野いにおの「世界の終わりと夜明け前」を引っ張り出してきたんですけどコレ傑作ですね。特に「夜明け前」が素晴らしい。なんだかネガティブなことばかり書いてしまったので、浅野いにおのことが嫌いなわけではないんですよという弁解を最後にさせていただきました。ちなみにおやすみプンプンでは田中愛子が一番好き!!!!!


それでは、重ね重ねになりますが、今年はブログの更新をがんばりますのでよろしくお願いいたします。