2020年上半期10曲

 せっかくこの半年どういう曲をdigって来たかをこのブログに書き残してきたので、上半期の良かった曲をまとめたいと思います。

 ルールは、同じアルバム/EP/シングルからは1曲しか選べない、のみとしました。今回はそうなりませんでしたが、複数の音源がリリースされたアーティストに関しては複数曲選ぶ可能性もあるというわけです。

 それでは前置きはこれくらいにして、紹介していきたいと思います。音楽的な知識があまりないので大したことは言えないんですけれどご了承ください。

 

2020年上半期10曲プレイリスト(順不同です)

 

1. 王道的なLOVEソング / リルネード(「はじまりのはじまり」収録)

王道的なLOVEソング

王道的なLOVEソング

  • リルネード
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 「でんぱ組虹コンJr.メンバー募集オーディション」から誕生した新進気鋭のアイドルグループで、メンバー全員が北関東出身という謎の共通項を持っています。

 単純に曲として見たときには同アルバム収録の『ラビンNν』の方が好きかもと思っているんですが、なぜこれを選んだかというとサビの詞が凄く良いんですよね。

「王道的なLOVEソング歌ってみたいの女の子なら ロマンチシズムだって笑われてもいい」なんて詞を10代のアイドルが歌うの無敵すぎませんか?

 

2. 水着とスイカRun Girls, Run!(「Run Girls, World」収録)

水着とスイカ

水着とスイカ

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 女性ボーカルのラップ調の曲が凄く好きで、夏のメロウな曲が凄く好きなのでこの曲を選ばないわけにはいきませんでした。心地よすぎるトラックにノスタルジックなリリックが乗っているのがたまらなく良いです。

 

3. いつか、また。 / 上田麗奈(「Empathy」収録)

いつか、また。

いつか、また。

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 上半期どころか2020年のベストすら考えてしまう上田麗奈さんの最高のアルバム『Empathy』からはこの曲をチョイスしました。

 例の「私 ダメで、ずるくて、傷つけるのにどうして」の生々しい歌い方はもちろんのこと、全体を通して上田麗奈という人間の凄みを感じさせられます。インタビュー記事を読んでもちゃんと芯を持ってアーティスト活動しているのが伝わってきて嬉しくなってしまいます。

 

04. 星降る引きこもりの夜 / でんぱ組.inc(「愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ」収録」

星降る引きこもりの夜

星降る引きこもりの夜

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 神聖かまってちゃん・の子の提供曲なんですが、あんまりにも神聖かまってちゃんでちょっと笑いました。でんぱ組.incのメンバーが引きこもり出身というところが良い方向に働いたのかなと思います。

 の子自身のカバーがツイキャスで披露されていて、アーカイブの2:41:00付近で聴けます。

twitcasting.tv

 

05. 夜の公園 / 赤い公園(「THE PARK」収録)

夜の公園

夜の公園

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 石野理子さん加入後の新体制初のアルバム『THE PARK』からは『夜の公園』。

 曲ももちろんいいんですけど詞が凄くいいです。1Aから「誰にも見せない部屋着からちゃんとした部屋着に着替えてる」という一行で絶妙な距離感を表現しているのは天才的な所業だと思います。終始、遠回しな表現が続くんですが、最後の最後にやってくる「私じゃ駄目ですか」というストレートな言葉に感情が爆発してしまいます。

 

06. 23時の春雷少女 / 鬼頭明里(「STYLE」収録)

23時の春雷少女

23時の春雷少女

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 本当は23時の春雷少女を選ぶつもりはなかったんですけれど選考段階で聴き直してるうちにこれ入れないのダメだな……という思いに駆られつい入れてしまいました。作詞作曲:田淵智也、編曲:やしきん・成田ハネダって何がどうなったらこんなメンツになるんですかね……。

 「証明は終わり、これが恋だった。」!!!!!

 

07. 夜明けの部屋 / Kaede(「今の私は変わり続けてあの頃の私でいられてる。」収録)

夜明けの部屋

夜明けの部屋

  • Kaede
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 Negicco・Kaedeのソロアルバムから1曲。このアルバムの出来が凄く良くて、かなり迷いましたが、音の心地よさからこの曲を選びました。あとサビ前のメロディが凄く好きです。

 余談ですけど、このアルバムは1月1日リリースで、2020年初っ端からこんなにいいアルバムを聴けるのかとただただ感動した記憶があります。

(実は店頭販売が12/24なので上半期の曲としては微妙なところなんですが許してください)

 

08. アンチグラビティ・ガール / 月ノ美兎(「SMASH The PAINT!!」収録)

アンチグラビティ・ガール

アンチグラビティ・ガール

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 にじさんじをほとんど追ってないせいか『SMASH The PAINT!!』自体は評判ほど刺さらないかも……と思っていたんですが、この曲には完全にやられてしまいました。最近盛り上がりを見せている配信イベントの影響も大きいと思います(よくかかるので)。

 「悠長な歌うたってさ 今までの全部を笑いたい 笑いたい」「悠長な歌うたってさ これからのぜんぶも笑ってたい 笑いたい 笑ってたい 笑ってたい 笑ってたい!」が最強すぎておれはもうだめです。

 

09. ALIVE / RYUTist(シングル曲)

ALIVE

ALIVE

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ・RYUTistから。この曲、本当に凄い曲だと思うんですが、おれの拙い音楽語彙力では絶対にその魅力を伝えられないのでとりあえず聴いてみてほしいです。「桜並木が恋をして~」のメロディが特に好き。

 パソコン音楽クラブ提供の『春にゆびきり』もそうですが、いい音楽をやりまくっていてRYUTistは最高。

 

10. Bring the noise / lyrical school(「OK!!!!!」収録)

Bring the noise

Bring the noise

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 去年からメインで追いかけているヒップホップ・アイドルグループ、lyrical schoolの初EPから。

 このEPはリリスク的に新しいことに挑戦した1枚だったと思うんですが、その中でも今までのリリスクを代表するようなこの曲を選出しました。「君といたいブレーキはNO! Show me your soul. 包まるシーツはもうないとして」というサビが詞もメロディも最強すぎるんですよね。おれがlyrical schoolを好きになった理由は同EP収録の『Last Summer』とこの曲に集約されてるんじゃないかと思います。もちろん、他の曲も最高なんですが。

 

 

 というわけで以上10曲でした。この記事は読まれなくてもいいのでとりあえず今回挙げた曲と、その収録アルバムを聴いてくれる人が1人でも増えればいいなと思います。

 

おまけ

 惜しくも選外となった曲をぺたぺた貼っておきます。

 

酒 新宿 ゴジラ / 論理(「論理」収録)

酒 新宿 ゴジラ

酒 新宿 ゴジラ

  • 論理
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

Follow You Follow Me / サンダルテレフォン(シングル曲)

Follow You Follow Me

Follow You Follow Me

  • サンダルテレフォン
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

Borders / ミュウ(CV:高橋李依)(「Song of LISTENERS: side Goodbye」収録)

Borders

Borders

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

最高傑作 / MELLOW MELLOW(シングル曲)

最高傑作

最高傑作

  • Mellow Mellow
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

ポプラ / 開歌-かいか-(「花歌 -はなうた-」収録)

ポプラ

ポプラ

  • 開歌-かいか-
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com