青春アミーゴ

子供の頃、80~90年代に流行した邦楽をタレントがテレビのカラオケ番組で歌って、それを両親が懐かしい懐かしいと口ずさんでいる様子を見て、絶対にこういう大人にはならないぞと思っていました。

まったく知らない曲をさも当然、当たり前の前提であるかのように作られているテレビ番組にも子供ながらに嫌悪感があったし、タレントに対しても最近の曲選べよなんて思っていたし、知っている曲(例えばORANGE RANGEとか、KAT-TUNとか)が来るまで楽しめないという印象が強く残っています。

でも、いざ世間的には大人として扱われる年齢になって、ミュージック・ステーションで亀梨和也山下智久で結成されたユニット「亀と山P」が2005年の大ヒット曲、青春アミーゴを歌ったと聞いて、そういったことに感動してしまう自分がいて、気がついたらなりたくなかった大人になってしまったのかなあと思いました。

 

要は大人になりたくないのかもしれない、懐古を始めるともう子供ではなく大人になってしまう。

いつまでも子供が好きなモノが好きでいたいし、背伸びして大人が好きなモノも好きになったりしてみたいし、でも、子供が好きなモノも大人が好きなモノも何もかもが楽しめなくなる日がいつか来るのではないかと思うと怖い。

大人が好きなモノも好きになれる子供になりたいのかもしれない。

自分が子供の頃はしょうもないコンテンツにドハマリしていたくせに、思い出補正で良しとして、今の子供がしょうもないコンテンツにドハマリしているのを馬鹿にする人間になりたくないんですよね、でも正直ちょっとそういう面が自分にはあると思う。

テレビアニメ「Angel Beats!」、今になってストーリーや演出等を思い返すとそんなに面白いものではないような気がしているけれど、中学生当時、あのアニメを面白いと感じていた気持ちは間違いではないし、嘘でもないし、忘れたくもない、そういうことなのかなと思います。

最後の方はポエミーになってしまって、少し恥ずかしくなってきたので、特にこれといったオチはないけれど、ここらで終わることにします。